車のバッテリー充電器の選び方や使い方を解説!!性能の比較も

車、バイク、スマホなどのバッテリー充電器のおすすめや、詳しい使い方、その人にあった選び方などご紹介!お悩み全て解説いたします!!

車

バッテリー充電器の後悔しない、正しい選び方

車のトラブルで一番多いのはバッテリー上がりと言われています。もしもあなたが出かけている時にバッテリー上がりのトラブルが起きてしまったら?対処法もわからず、ロードサービスに連絡して1時間以上も待つことはできますか?

トラブルが起きそうな場合の対処法である車のバッテリー充電器の効果はどれほどのものなのか。

またトラブルが発生するのを未然に防ぐ準備や、発生した時の対処法があります。そこで今回はこのバッテリー充電器に関してご説明いたします。

 

初めに申し上げます、バッテリー充電器は意味がない!!意味がある対策とは?

 

バッテリー上がりは文字通りバッテリーが上がり使えなくなりエンジンなどがかからず使用できなくなります。しかしこのトラブルは非常に多いのが厄介なところです。

バッテリーが上がる事を経験したことがある方なら分かりますが、JAFなどのロードサービスに依頼するとお金がかかる上に、時間も1時間以上かかってしまいます。

JAFNO1

年間発生件数80万件以上
(※2013年JAFの統計による)

バッテリーが上がりました。場が一気に白けました。

さぁここで選択肢は3つ。

  1.  ロードサービスを呼んで、時間と経費を掛けるか
  2.  赤の他人に助けを求めてバッテリーの電源を分けてもらう
  3.  ジャンプスターターなどで自力で解決するか

バッテリーを事前に充電するのが意味が無いという理由

正確に言えば間違いではありません。(車を走らせるだけでも充電されますが)

しかし、あくまでも充電後の始動のみ安心というだけです。車のバッテリー上がりはどこででも起こる可能性があります。

batterypower

例えば

  • ライトの付けっ放し
  • エアコンをつけっぱなしにする
  • 短時間運転の繰り返し
  • ステレオを長時間ながす
  • バッテリー自体の劣化、故障・・・

上記の理由によってトラブルはいきなり起こってしまうのです。

更に言うと毎回、車を運転する前に数時間充電する手間や、車のバッテリーを充電するためだけに充電器を買う必要があるなどコストパフォーマンスは良くないです。そのため、意味が無いといいました。最近ではバッテリーの充電器はめっきりきかなくなりました。

 

ジャンプスターターという解決策

 

banner

現在ジャンプスターターを用いてバッテリー上がりを直すやり方が主流とされています。例えばV12マルチチャージャーはバッテリー上がりをその場で解決する「ジャンプスターター」として有名です。

バッテリーは上がった時に直すというのが効率がよくコストパフォーマンスも優れているということです。

このジャンプスターターはバッテリー上がりが起きた際のジャンプスタートの他、スマホやiPhone、PC、デジカメといったモバイルデバイスも充電できます。なかなか起きにくいバッテリー上がり以外の時はモバイル充電器として使えます。LEDライトも標準で搭載されていますので、夜間での作業でも活躍します。さらに画像の通りサイズもコンパクトなのでいつでも持ち運びができますので、場所も取らずいざという時も持ち歩けるというメリットがあります。

 

その気になる使い方

 

気になるのは使い方ですよね。もともと小型ジャンプスターターはブースターケーブルの不便さや危険性を改善するために開発されています。そのため、使い方は至って簡単。

「つなげて、エンジンをかけるだけ」というシンプルな操作方法です。

v12gt-002png

 

電気がショートするリスクが圧倒的に少なく、より安全な対処法です。

 

わかりやすい解説動画をご覧ください

簡単に使える使えるジャンプスターターの秘められたパワー

つなげてエンジンをかけるだけなのですが、驚くのがそのパワーです。

小型ジャンプスターターは複数種類がありその中で一番パワーがあるタイプだと最大700Aの電流出力ができます。これは外車を含めた12V車両にほぼ対応しています。

そして連続で25台可動が可能です。25台分可能でもそこまで使わないとは思いますが。

さらに船やスノーモービルなどにも使えるので、小さい筐体に秘められたパワーはすごいです。

 

ジャンプスターターのグレード

上記であげたものすごいパワーがあるジャンプスターターは必要なく、通常の車をジャンプスタートできればいいという方は価格が安いものもあります。

また防水機能をもったタイプもあるので、自分に合わせたものを買えるというのが大きなメリットです。それぞれの特徴を簡単に書きます。

V12マルチチャージャーの特徴

all color

【カラーバリエーション】

全10色から選べるカラーバリエーション(詳細は公式HPより)

【ピーク電流と容量】

ピーク電流:400A

容量:7500mAh

【対応車両】

12v車両4000ccまで

【電池の種類】

リチウムポリマー電池

【対応デバイス】

スマホ、タブレットpc、wi-fiルーター、デジカメ音楽/映像プレイヤー、iPhone/ipad
USB給電式デバイスなら何でも最大2倍速の急速充電可能

【スマホ充電回数】

約4回

【大きな特徴】

3種類の中では最も小さく軽いものです。カラーバリエーションが多く自分好みのものを使えます。

 

 

更に詳細は公式HPをご覧ください

公式HP:http://www.v12-multicharger/

V12-BLACK LABELの特徴

DSC_7298

【カラーバリエーション】

全1色(詳細は公式HPより)

【ピーク電流と容量】

ピーク電流:400A

容量:8000mAh

【対応車両】

12v車両5000ccまで

【電池の種類】

リチウムマンガン電池

【対応デバイス】

スマホ、タブレットpc、wi-fiルーター、デジカメ音楽/映像プレイヤー、iPhone/ipad
USB給電式デバイスなら何でも最大2倍速の急速充電可能

【スマホ充電回数】

約4回

【大きな特徴】

小型ジャンプスタータではめずらしいリチウムマンガン電池を使用しています。そのため、安全性が高く出力の波が少ないので安定して高出力が与えられます。

日本初の防水機能付きのジャンプスターターですので、悪天候の中での作業や水たまりにうっかり落としてしまっても問題ありません。

またボディはアルミ合金で作られていますので、見た目がオシャレなデザインとなっています。

 

更に詳細は公式HPをご覧ください

公式HP:http://www.v12-blacklabel/

 

V12-GTの特徴

P1380698

【カラーバリエーション】

全2色(詳細は公式HPより)

【ピーク電流と容量】

700A

【対応車両】

12v車両ほぼ全て

【電池の種類】

リチウムポリマー電池

【対応デバイス】

スマホ、タブレットpc、wi-fiルーター、デジカメ音楽/映像プレイヤー、iPhone/ipad
USB給電式デバイスなら何でも最大2倍速の急速充電可能。

更に小型冷蔵庫やハンディクリーナー、ノートPCの充電も可能。

【スマホ充電回数】

約7回

【大きな特徴】

ピーク電流が高く大容量バッテリーなのでほぼ全ての車両に対応しております。またスマホの充電も7回まで対応しています。その他ノートPCまで充電もできるのが特徴です。

 

更に詳細は公式HPをご覧ください

公式HP:http://www.v12-GT/

 

保証に関して

v12保証

ご安心ください。初期不良や壊れた場合メールを送ると即座に対応してくれます。

ご購入から1年は検品/修理/交換は無償でできますのでもしもの時も安心です。

 

今回のまとめ

 

  • バッテリー充電器はコスパが悪い
  • 現在バッテリー上がりの対処法の主流は「ジャンプスターター」
  • ジャンプスターターは小型でスマホの充電も可能

小型ジャンプスターターは普段はモバイルバッテリーとして持ち運べ、いざ言う時にジャンプスタートできる便利なものです。

車のバッテリー充電器はガレージや電源コンセントを必要とするので外での運用ができません。小型ジャンプスターターを1台だけ持っていればあなたの生活は変わるでしょう。

>>V12マルチチャージャーの詳細みる<<

 

>>V12BLACK-LABELの詳細みる<<

 

>>V12-GTの詳細みる<<

ページランクブログパーツ

公開日:
最終更新日:2016/04/07