車のバッテリー充電器の選び方や使い方を解説!!性能の比較も

車、バイク、スマホなどのバッテリー充電器のおすすめや、詳しい使い方、その人にあった選び方などご紹介!お悩み全て解説いたします!!

車

車のバッテリー充電器は複数ある。その解説と最新の対処方法

   

車に乗っていて一番起きやすいトラブルといえばバッテリー上がりですよね。ライトのつけっぱなしや室内灯のつけっぱなし等の原因もありますがバッテリーを充電する事でもしもの時の対処になります。そこで今回はオススメの充電方法ともしなってしまった時の対処方法をご紹介します。

バッテリーの充電とは……?

 

まずはじめに車のバッテリーに関してご説明します。車のバッテリーは消費しきると残容量がなくなり使えなくなります。車の場合はエンジンを掛けるときにバッテリーが必要です。つまり残容量がなければエンジンすらかけられません。もしその状況になった時はバッテリーの交換が必要なのか?

違います。スマートフォンやPC、音楽プレイヤーと同じで充電することにより復活再び使えるようになります。また車は他の機器とは違い走るだけでバッテリーが充電される仕組みなのでエンジンがかかるん分だけ残容量があれば大丈夫なんです。なくなったからといって使い捨てで交換するのはもったいないのでやめましょう。

バッテリー充電器の種類

 

バッテリーの充電器には複数種類が存在します。開放型と密閉型です。

開放型

開放型

バッテリー上部にペットボトルのようなキャップが付いているもの。またドライバーではずようなキャップが付いているものです。充電時に水素ガスが発生するので破裂しないよう使用時にはキャップを外す必要があり、側面にある線の間に蒸留水等の液体を補充します。

密閉型

密閉型

開放型のようなキャップなどなにもないものはメンテナンスフリーバッテリーのものです。

扱いは非常に楽です。

上記2つの違い

これは使用しているバッテリーに合わせる必要があります。開放型の充電器で密閉型のバッテリーを充電するというのはよくありません。これは充電方法により充電完了の信号がご認識してしまうためです。

バッテリー充電器のメリット・デメリット

 

メリット

  • 定期的な充電をすることにより、バッテリー上がりを未然に防ぐことができる
  • 車のエンジンを動かさずに充電が可能

デメリット

  • バッテリーを充電するのに電源が必要
  • 突然のバッテリー上がりには対処できない
  • 大型のものがおおいので車載は難しい場合が多い
  • 充電に半日ほどかかる

小型ジャンプスターターがおすすめの理由

 

GT

バッテリーの充電器をご紹介してきましたが、最近では技術の進歩に伴い、新たな選択肢が出てきました。

バッテリー充電器ではなく、「小型ジャンプスターター」というものです。これはスマートフォンの持ち運びできる充電器(モバイルバッテリー)と同じような大きさで、車をジャンプスタートすることができるものです。しかもこの小型ジャンプスターターにも種類があり、シガーソケットよりバッテリーの充電が可能な物もあります。弱っているバッテリーを充電することができます。

充電ではなくジャンプスタートという選択肢

howto3

現在ポケットにも入るほどの大きさで持ち運びができて、必要のない時はスマホの充電器としても使用できる「小型ジャンプスターター」が非常に人気です。

使用する際は電源が必要ないので、外出先の急なバッテリー上がりにも対応できます。バッテリーが弱っている際はエンジンを掛ける必要はありますが、シガーソケットに繋ぐとバッテリーへ充電が供給されます。

バッテリーが上がって電源がつかないから充電できないって?

それこそ「小型ジャンプスターター」でジャンプスタートさせれば一発でつくでしょう。

 

小型ジャンプスターター(ジャンプスタート兼充電可):http://v12multicarger-GT/

小型ジャンプスターター(ジャンプスタート用)   :http://v12-multicharger/

もしもバッテリーが上がってしまった時の対処方法

 

バッテリー充電器はバッテリーの残容量が切れるのを未然に防ぐものです。バッテリーが上がらないために充電をするもの。しかし、ヘッドライトのつけっぱなしや室内灯のつけっぱなしで急にバッテリーが上がってしまうことがあります。これらの場合はバッテリー充電器によって復活しますが、外出先で起こった場合は車載している必要があり、その外出先で電源が必要となりハードルが高いです。

その場合はJAFなどのロードサービスを呼ぶかジャンプスタートさせることができるものを使用するかしかないでしょう。

コレも同時にカバーできる

先ほどおすすめした「小型ジャンプスターター」はこちらもカバーできます。外出先でも簡単にジャンプスタートさせることができるので、JAF等をよんで無駄にお金を払う必要がなくなるでしょう。

ちなみに小型ジャンプスターターの使い方など詳しい詳細は当サイトの記事にありますので参考にしてみてください。

参考記事:http://www.barhunger.com/

今回のまとめ

 

  • バッテリーは使い捨てではないので、充電することにより復活する
  • バッテリー充電器には複数種類が存在し、自分の車のバッテリーに合わせた種類のものを買う必要がある。
  • 最近の小型ジャンプスターターでは充電も可能
  • 外出先でも簡単にバッテリー上がりの対処ができる小型ジャンプスターターがおすすめ

いかがだったでしょうか。今回はバッテリーの充電に関してご説明しました。バッテリー充電器を購入する際はどれが自分にあっているか考えるのがおすすめです。

また小型ジャンプスターターはバッテリー上がりにも対応でき、バッテリーの充電もでき、必要のない時はスマホの充電器としても使えるので便利で使いやすいです。技術の進歩に感謝ですね。

 

小型ジャンプスターター(ジャンプスタート兼充電可):http://v12multicarger-GT/

小型ジャンプスターター(ジャンプスタート用)   :http://v12-multicharger/

 - バッテリー充電器の選びかた, 充電器とジャンプスターターの違い